買い手が付く条件は安心安全の暮らしにあり|不動産売却しやすい物件

不動産売却法の一つ、一般媒介契約とは?売主に有効的な手段

複数の不動産業者との契約

売主が、一つの不動産業者と一般媒介契約を締結すると他の不動産業者とも締結することが可能になります。また不動産業者だけでなく、自身でも買主を探せるのでスピーディーに売却を成立扠せられるでしょう。契約の有効期間は法令に基づき、基本的に制限が設けられていません。しかし、標準媒介契約であれば3ヶ月位内と定められているのでご注意を。

同じ売るでもどう違う?任意売却と競売

任意売却

所有者(債務を担う者)の意思で売却するのが任意売却です。住宅ローンの滞納など、さまざまな事情で物件を手放さざる得ないときに選ばれる手段です。物件の明け渡し時期も所有者の希望が通りやすいので、競売になる前に選んでおくべきとも言えます。

競売

債務を担う所有者の意思関係なく、債権者が裁判所に売却を申し立てることを競売と言います。申し立て時点では強制売却に至りませんが、裁判所が立証した時点で該当する物件から立ち退かなくてはいけません。また、売却価格は低くなる可能性の方が高く、売却を検討するなら避けたい道です。

買い手が付く条件は安心安全の暮らしにあり|不動産売却しやすい物件

部屋

買主が見つかりやすい

不動産売却の手段の一つとして有効的なのが、一般媒介契約です。この手段なら複数の不動産業者と契約できるので、買主発見までが短いというメリットがあります。また、専属専任媒介契約であれば売主自ら買主を見つけると違約金が発生しますが、一般媒介契約であれば自由に買主を見つけ、契約に至らせることが可能です。

向いているのはこんな方

三郷や滋賀で不動産売却を考えるなら一般媒介契約を選んでみては?
複数ある手段の中でも一般媒介契約が適しているのは下記のような方です。
・売却する物件を知られたくない
その理由は一般媒介契約の場合、不動産業者のネットワークとなるレインズに登録しなくていいので、広く物件情報が広がる可能性が全くないからです。登録することももちろんありですが、内密に売却するなら一般媒介契約が適していますよ。また、売却を成功させるなら売却予定の物件のセキュリティシステムが整っているのも重要なポイントです。

人気のセキュリティシステム3選

カメラ付きオートロック

一人暮らしの女性やお子さんのいるファミリーから、絶大な人気を誇るのがオートロックシステムです。住人がもつ鍵がなくては入れないので、建物内に不審者が侵入することをがっちり防いでくれますよ。さらにカメラ付きオートロックも誕生し、来訪者を事前に目視確認できるのは確かな安心を得たい人にぴったり!

カードキー

通常の鍵と比べ、カードキーは結露に悩みやすい地域で広く活用されています。その他、簡単に複製されないメリットから通常の鍵よりセキュリティ度ははるかに高いと言えるでしょう。オートロック環境とあわせると鬼に金棒のセキュリティ対策ですね。

365日監視システム

防犯カメラ完備の住宅が増えてきており、映し出された画面を年中無休でオンラインチェックするシステムがあります。異常を感知したらすぐさま警備会社が機動する体制にあるので、24時間365日安心安全の生活に期待できます。

広告募集中