住宅診断の必要性を知ってる?買主へ与える安心感が売却成功の秘訣

売却前に必須、住宅診断|物件の健康診断をして安心を与えよう

住宅診断の必要性を知ってる?買主へ与える安心感が売却成功の秘訣

家

現状を把握

住宅診断のメリットは「現状を把握」することにあります。築年数が経っている物件はさまざま要因によりかなり劣化が進んでいるもの。売却を成功させる為には現状を把握し、改善が必要な箇所にはリフォーム工事を施さなくてはいけません。また証明の為に、リフォーム履歴はしっかり証書保管を徹底しておくことです。そして、売却を成功させる為に、あらかじめ住宅診断を行なう業者を押さえ定期的に行なうことをおすすめします。

ミニチュア

ときには高価になる?

住宅診断はなにも売却直前に行なうものとは限りません。定期的に行ない劣化を防いでおくと、いざ売却!というときに築年数が経過しているにも関わらず、高価取引を叶えやすくなります。特に注意したいのが外壁剥がれ、屋根の雨漏り、シロアリの巣などです。これらを放置すると瞬く間に劣化が進行しやすくなります。

つみき

買主に与える安心感

大切に扱われた住宅は大きな劣化も目立たず、多くの買主がつきやすくなります。そこで、気を付けたいこととして地域によりますが、湿気の強いところだと雨漏りにより建物内部がカビ繁殖に至りやすくなります。大して住宅診断も行なわず、カビだらけの物件とそうでない物件のどちらに買主がつきやすいかは一目瞭然ですよね。
住宅診断を大きく分けると「単発」と「定期的」の2つに分けることができ、「定期的」に行なうとトータル費用が割安になるケースもありますよ。定期的に行なう場合、ベストとなる期間は3~6年に一度の割合です。

住宅診断をいざ依頼!工務店と建築設計事務所の違い

工務店

工務店に依頼すると比較的低予算で行なえます。また工務店の場合、地元密着型になるところが多いことから長期に渡って住宅相談することも可能でしょう。

建築設計事務所

建築設計事務所が長けている点は「デザイン力」にあります。住宅診断時に併せてリフォームも行なうなら、建築設計事務所へデザイン性のある空間を作り出してみては?

広告募集中