マイホーム購入する人に教えたい借地権~第三者の土地に建てる方法~

借地権とは?

借地権という言葉を初めて耳にする人も少なくないはず。これは第三者が所有する土地に建物を建てるときに得る権利で、その権利を持つ者を借地権者と呼びます。自分で土地を購入するより安く手に入る為、借地権者になる人は少なくありません。しかしその建物を利用している間は、土地の所有者(借地権設定者)に毎月地代を支払います。

借地権の種別

  • 新借地借家法
  • 旧借地借家法
  • 地上権

他者が所有する土地に建物が建てられる!?借地権者になる方法

ミニチュア

借地権者になるメリット

借地権者になるとどんなメリットがあるのか分からない方もいるでしょう。何と言っても一番のメリットは「安い」ということです。借地権は平たく言うと土地を借りる権利のことで、自分で土地を購入し建物を建てるよりもはるかに安く費用を抑えられます。土地の所有権は地主にありますが、建物自体は自身のものになるので当然のことながら自由にリフォームなり何なり行なえるのが嬉しいところ。
また、新借地借家法を大きく分けると普通借地権と定期借地権の2つがあり、前者の借りられる期間は30年、後者であれば50年を超えるケースもあります。どちらも期間満了を迎えたときには地主に返還することが定められています。

土地の所有権を得るなら購入

借地権は確かに安さが魅力的ですが、契約期間中は地主への支払いが続きます。そうした支払いなく、土地そのものも所有したいということであれば購入という手が適しています。中国・四国地方の呉市をはじめ、関東地方の湘南、横浜など人気都市では、不動産業者が土地やマイホーム販売を行なっており、希望を元にさまざまなプランを提案してくれますよ。土地選びするときには現地へ赴き、必ず自分の目で敷地や近隣の状況を確かめることをおすすめします。

[PR]
湘南の不動産物件を活用
会社選びがスムーズ

気をつけたい不動産業者・・注意するべき特徴

破格の仲介手数料

不動産業者は、建物や土地を買いたい人と売りたい人を引き合わせることで仲介手数料を得て、それを収入とします。しかし、仲介手数料が半額だったり無料だったりするのは、持ち主がどうしても売りたいということで広告料を出している可能性があります。そのため、これまでなかなか買い手がつかなかった建物や土地である率が高いので注意しましょう。

存在しない宅地建物取引業免許

宅地建物取引免許なしに、不動産取引を行なうことは事業者として禁じられています。よっぽどのところでなければ免許なしに取引することはありえませんが、利用前には国土交通大臣・都道府県知事の免許の有無をしっかり確認しましょう。

派手なキャッチコピー

不動産の販売時に誇大広告が禁じられているのをご存知ですか?不動産の誇大広告にあたる文言には「一等地」や「特売物件」などなど。派手なキャッチコピーをかざして購入意欲をあおる不動産業者には気をつけましょう。

宅地建物取引士の不在

2つ目の宅地建物取引免許同様、有資格者が不在のまま事業を行ない続けるのは当然ながらいけません。悪徳不動産業者の中には、宅地建物取引士の名義貸しを利用しているところもある為、在籍スタッフと店頭にある有資格者の氏名を確かめることが大事です。

不整理整頓・応対の悪いスタッフ

そもそも店舗内が整理整頓されていないのは秩序の乱れが感じ取れます。また、実際に足を運び土地売買の相談をした際に、スタッフの応対が悪いと信用もなくなります。大事な買い物の為にも、人間的に信用できる不動産業者を選びましょう。

グッドな訪問時間帯は午前中

土地や建物の購入は大きな買い物になりますよね。じっくり相談する為にも、不動産業者を訪問する時間帯には工夫が必要です。最もおすすめとされているのは平日の午前!混み合いやすくなるのがお昼を過ぎた頃になるので、スタッフにゆっくり時間をとってもらうならこの時間帯がグッドというわけです。

[PR]
呉市で不動産売却をしよう
専門店に相談するのが最適

[PR]
三郷で不動産物件を利用
情報を確かめておこう

広告募集中